社団法人 淡水生物研究所
 
 
著書のご案内

生物からのメッセージ「川と湖の博物館シリーズ」を刊行しています。

日本人は川と湖の環境に密着して生活してきました。生活の糧としての川と湖が近年は、水生生物に興味をもつ人、自然が気になる人、川で泳いだり、魚釣り、ボート遊びがすきな人たちになくてはならない場となりました。

「川と湖の博物館」―生物からのメッセージ―は、身近な川と湖の環境を写真とわかりやすい文章で紹介し、もっと水に関心を持つ人たちが増えてほしいと願い企画しました。

第1巻の「植物プランクトン」、第2巻の「動物プランクトン」では、水に生息する各種のプランクトンの挙動によってさまざまに彩られる水の色の着目しました。それぞれの水の色にどんな生物が生息しているかのデータを積み重ね、水の色と生物との因果関係を少しずつ明らかにしてきました。水の中の生物たちの挙動が水の色から判断されると水と生物への理解が一層すすむと考えたからです。第3巻の「生物モニタリング」は、生物学的水質階級の基本である底生動物の主要種の生息域を大きく四種類の水域に分け、それぞれの色で表しました(清冽−飲める水:青、やや汚濁が進行している−泳げる水:緑、汚濁が進行している−手で触れても良い水:黄色、かなり汚濁が進行している−手を触れたくない水:赤)。アユが生息する水域は、やや汚濁が進行している緑の水域で、底生動物の代表種は、シマトビケラやヒラタカゲロウ類であることが解ります。第4巻の「水環境カルテ」、第8巻の「共生の自然学」では、川が健康であるには、水質だけではなく、流況、生息場の構造、河辺、水辺の環境の状態に着目する必要があることを説いています。さらに、「健康」な状態とは、人為的な影響がもっとも少ない状態であることを読者に呼びかけています。

●植物プランクトン 川と湖の博物館1 森下郁子・森下雅子 1991 山海堂
●動物プランクトン 川と湖の博物館2 森下雅子 1996 山海堂
●生物モニタリング 川と湖の博物館3 森下郁子・依理子 1991 山海堂
●水環境カルテ 川と湖の博物館4 森下依理子 1996 山海堂
●バイオロードの生物 川と湖の博物館5 森下郁子・森下依理子 1992 山海堂
●生物現象の知見 淀川と琵琶湖 川と湖の博物館6 森下郁子 1994 山海堂
●霞ヶ浦と利根川 川と湖の博物館7 森下郁子 1995 山海堂
●共生の自然学 川と湖の博物館8 森下郁子・森下依理子 1997 山海堂
●おいでよ新宮川に 川と湖の博物館9 森下郁子 1992 山海堂
●川カルテ1993 川と湖の博物館10 森下郁子 1993 山海堂
●ユスリカ 川と湖の博物館11 森下郁子・北川禮澄 1994 山海堂
▲川のHの条件
新河川法を受けて水域が総合的に管理される時代になってきました。魚のすめる川(多自然型)から魚のすむ川(復元型)づくりに転換をするいい機会です。水質はよくなっているのに、魚の数や虫の数が減ってきていることに、日本の川の変化があるのではないかと考え、川の物理的な条件と生物の関係のデータを整理しました。その上で生物がすむための条件をまとめ、生息場の評価の手法、HIMを開発しました。それぞれの川で生物相を均一化している原因をさぐる手立てになれば、と願っています。
(森下郁子・森下雅子・森下依理子 2000 山海堂)

その他の著書

●生物による生物学的水質調査法 津田松苗・森下郁子 1974 山海堂
●近畿地方の湖沼・中国地方の湖沼 津田松苗・森下郁子 1975 共立出版
●川の健康診断-清列な流れを求めて 森下郁子 1977 日本放送出版協会(NHKブックス)1977年第31回毎日出版文化賞受賞
●生物からみた日本の河川 森下郁子 1978 山海堂
●生物学的水質階級地図 森下郁子 1980 山海堂
●環境を診断する 五感による生態学 森下郁子 1981 中央公論社
●河口の生態学 森下郁子 1982 山海堂
●ダム湖の生態学 森下郁子 1983 山海堂
●生物モニタリングの考え方 森下郁子 1985 山海堂
●川と湖の<健康>をみる 森下郁子 1987 岩崎書店
●川にすむ生き物たち 森下郁子 1989 農文協
●アマゾン川紀行 森下郁子 1989 日本放送出版協会(NHKブックス)
●川と湖の科学 森下郁子 1989 日本放送出版協会(NHKブックス)
●川の話をしながら 私の「川学」への歩み 森下郁子 1999 創樹社
●川の学校3川の魚 森下郁子・森下依理子 2002 学研
●川は生きている 川の文化と科学 森下郁子編著 2009 ウェッジ選書
●ガンジス川を行く 森下郁子・池淵周一 2014


 
 
トップページ | 研究所概要 | 研究・活動内容 | サイトポリシー
Copyright 2008 Institute of Freshwater Biology , Japan. All rights reserved.